【目的】サロン経営の悩みとその原因の解決法


 

私は仕事柄、様々な経営者の方のお悩みを伺います。

 

 

悩みはありますか?

 

 

悩みは、ないけど、問題はある。

 

 

そう答えられる経営者の方、多いです。

 

 

自分の中の悩みではなく、問題として客観的にとらえてあるのです。

 

 

これは、素晴らしいことです!

 

 

そして、多くの問題がこの質問を繰り返すことによって、作られています

『どうやったらできるようになるか?』

これは、『やり方』に的を絞る質問です。

 

 

質問を変えてみてください。

経営をしている、

『目的はなにか?』

 

 

何のために経営をしているのかを、深く問うのです。

 

 

 

○町の人々に貢献して、町を元気にするだ!

 

 

○スタッフを豊かにして、仕事を楽しんでもらいたい!

 

 

○お客さんの悩みを解決して、快適な生活をしてもらうんだ!

 

 

○地域NO1のサロンを作る!!

 

 

とか、とか、

さらにそこから、ほりさげていきます。

 

 

すると、サロンのポリシーやコア、

 

 

曲げられない軸みたいなのが出てくるのです。

 

 

 

その軸が、問題の答えである場合が多いです。
ぜひ、問題に直面したとき、

『何のためにサロンを経営しているのか?』

ご自分に質問してみてください。

 

そして、

 

スタッフのために経営していたのに、全員辞めた。

 

そんな問題をお持ちの経営者様がいらっしゃたら、

 

「未来のスタッフのために何ができるのか?」
質問されてください。

Beauty salon_1348164018

パーソナルサロンマスタリーバナーボタン