コンサルティングとコーチングとカウンセリングの違いとは?


コンサルティングとコーチングとカウンセリングの違いってなんでしょう?

 

 

この、3者の目的は状況を改善するという点では共通しています。

 

 

まず、

コンサルティングは、問題や改善点があったら、

それを解決するための具体策を提案してくれます。

 

カウンセリングは、精神的な障害を解消します。

 

コーチングは、問題に対する答えを導き出します。

 

それぞれの欠点ですが、

 

コンサルティングは、結果優先なので、経営者の意志が反映されづらい場合がある。

やって結果でなくて、クライアントのせいにする。

敏腕コンサルになると、社長とコンサル、どっちが経営者かわからなくなり、

従業員が、コンサルの人に惹かれていく。

社長はそれに気づいたら、

間髪入れずにコンサルの首を切りましょう。

 

カウンセリングは、精神的障害を取り除いてくれますが、

うちの店、潰れそうなんですけど・・・・

って言っても解決できません。

経済的に豊かで心が病んでる時にお願いしましょう。

 

コーチングは、個人の成長ありきなので、

心底やる気のない人には向いてない。

何をしたいかわからない人で、

何にも考えたくない人にも不向き。

ゴールを引き出せないと導けない。

 

では、それぞれのいいところを見てみましょう。

 

いいコンサルは、

やり方に関するスペシャリストなので、

はまれば、大きな成果を生める。

 

いいカウンセラーは、

過去の呪縛から解き放ち、光り輝く未来まで見せてくれて、

新しい人生が始められる。

 

いいコーチは、

目標を達成するまであきらめないし、

あきらめさせてくれない。

マインドのコンディショニングを徹底的にやってくれて、

一生涯、役に立ち続ける。

ブレイクスルーし、人生が劇的に変化する。

 

3者の違いはありはしますが、

上級者になってくると、どれも等しく

 

『得たい結果を得る』

 

ことができるのではないでしょうか?

この、コンサル、コーチ、カウンセラー。

この人たちは、一流であればあるほど、

あきらめが悪くなる傾向にあります。

それなりの覚悟で雇いましょう。

 

 

コンサル 写真3

 

 

 

パーソナルマネジメントバナーボタン