店舗のスタッフが言うことを聞かない本当の理由


 

スタッフが思うように働く魔法とは

 

 

『スタッフが全然言うこと聞かない!!』

 

『従業員のレベルが低い!』

 

そんな悩みをお持ちの経営者さんも

少なくないと思います。

 

そんなとき、

思い通りにスタッフを動かす、

魔法のような方法があるのです。

 

今日はその魔法をお伝えします。

 

しかし、まずは、

前提条件があります。

 

あなたが知っておかなければならない

前提とは、

 

スタッフは、
あなたの言うことを聞きません。

 

スタッフは、あなたの目的の為ではなく、
自分の目的のために働いています。

 

 

これらを前提に経営を考えなくてはいけないのです。

 

従業員を上手く扱えない経営者は、

ここを間違っているのです。

 

 

「スタッフは自分の言うことを聞くものだ!」

 

「なんで売上目標を達成するために努力しないんだ?」

 

「あんなに手をかけたのに何で辞めるんだ?」

 

 

こんな考えでは、
スタッフを思い通りに動かすことはできません。

 

では、どうするのか??

 

それは、

お店の絶対的ルールを作るのでる。

 

 

 

 

お店の絶対ルールとは?

 

お店の絶対ルールとは何か?

それは、

会社の理念です。

 

理念というと古臭い感じがしますが、

ありきたりではない、

個人の思想が評価される現代において、

経営者の想いのこもった理念は強力です!

 

その理念をもとに、

みんなが、そのお店で働けていて、

経営者ですらも絶対守らなければ、

そこで働くことはできない。

 

そんな理念です。

 

理念は別に、上手に一つにまとめなくても
構いません。

 

壁にかけているだけで、

スタッフに浸透していいない理念。

 

経営者すらも忘れてしまってる理念。

 

こんな紙切れは破ってゴミ箱に捨ててください。

 

キレイごとの理念はゴミです。

 

お客様のため、従業員のため

の約束が理念です。

 

その理念を従業員が好きにならなくてはいけません。

 

『お客様の為ならスタッフは

馬車馬のように働きます!』

 

こんな理念は嫌ですね。。。

 

お客様にとって、

従業員にとって、

社会にとって、

 

何のためにこの会社が存在しているのか??

 

今一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

理念を実現させるミッション

 

そして、

 

その理念を実現させるために必要な行動が、

 

ミッションや行動指針と

呼ばれるものです。

 

それらのルールが明確にあれば、

経営者の言葉で、注意を与えるのではなく、

 

会社のルールを守りましょう!

 

というだけでいいのです。

 

そのルールを守ることで、

従業員が幸せになれるからです。

 

 

 

 

なぜ、スタッフはあなたの言うことを聞かないのか?

 

そもそもスタッフは、

なぜあなたの言うことを聞かないのでしょう?

 

それは、別にあなたとの信頼関係が

問題ではありません。

 

あなたが、

自分の親の言うことを

素直に

 

「はい!わかりました!」

 

って聞かないのと同じです。

 

そして、

横断歩道で、

車が来ていないのが明らかでも、

 

赤信号で止まって、

青信号で進むのです。

 

人は社会のルールは守ろうとする。

 

そんなものなのです(^^)

 

 

【今日の経営者の質問】

 

『 従業員にとって、本当の幸せとは何だろう? 

 

『 経営者のどんな考えが、

 だれもが働きたくなるような環境を作るのだろう? 』

 

 

技術者オーナーから事業経営者にシフトするための

ステップUP無料メール講座はこちらをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://creative-market.pw/direct-lp/

 

パーソナルマネジメントバナーボタン