コーチングの種類や流派はどうやって選ぶのか?


 

コーチングの種類をたまに聞かれます。

 

やり方は、確かに違いますが、個人でされている方は、

 

オリジナルの手法も多く取り入れられていると思います。

たとえば、大園が所属するマイケル・ボルダック直属コーチングチームの中に、

 

書著『iPhone英語勉強法』で有名な松本秀幸さんがいらっしゃいますが、

 

英語マスターコーチとして、活躍されています。

 

ビジネス分野にも特化されていますが、

 

英語コーチとしてはダントツでしょう。

 

私と同じ、目標達成に特化したマイケル・ボルダックのコーチグスキルを

 

用いますが、英語学習に関しては私より、松本さんの方が、

 

達成確率は高くなると思います。

 

コーチングの目的は、達成へと導くことですので、

 

どの種類でも、団体でも、スキルでもいいと思います。

 

大切なことは、その人、個人が信用できるかです。

 

あなた自身が信用できると思えば、それでOKです。

 

逆に信用できないけど、

 

なんか肩書きがすごそうだから・・・

 

そんな理由でコーチを依頼することはおすすめではありません。

 

あなたが信じるところから、WIN.WINの関係がスタートします。

ThrowThe-Rope

 

 

 

http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%BE%E6%9C%AC-%E7%A7%80%E5%B9%B8/e/B004KFYTZS/ref=ntt_athr_dp_pel_1

パーソナルマネジメントバナーボタン